『スーパーマリオ』がソニーの最新鋭機『プレイステーショ4』でも遊べるようになるのでしょうか?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

任天堂が選んだ別れ道
閑静な住宅地にそびえる白亜のオフィスビル。

昨年9月下旬、京都市郊外の南区にある任天堂本社は、

喪服姿の男女に囲まれた。任天堂の中興の祖である前社長、

山内溥の社葬に、2000人もの参列者が詰めかけた。

京セラ創業者の稲盛和夫、コピーライターの糸井重里……。

会場の来賓席には、生前に親しかった著名人がずらりと並んだ。



列席したゲーム大手首脳は山内の人脈の広さに驚きつつ、ある人物の姿に目がくぎ付け。

「プレイステーションの父」として知られる久多良木健

ライバルとして任天堂と長くしのぎを削ってきた

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)元会長。

久多良木の席は、稲盛らと同じく来賓席の最前列に用意されていた。

ゲーム業界の有名人で、ソニー本体の副社長までつとめた久多良木が

「VIP待遇」を受けること自体はおかしくない。

しかし、この首脳は「久多良木さんは神妙な面持ち。

今までの因縁を考えると、不思議な光景そのものだった」と振り返る。

任天堂とソニーの確執は、1990年代初めのプレイステーションのデビュー前に遡る。

久多良木は当初、任天堂とゲーム機を共同開発する青写真を描き、山内の了解も得ていた。

しかし、山内が土壇場になって前言を撤回。

共同開発は幻に・・・・。

任天堂に袖にされた屈辱をバネにソニーが生み出したのがプレイステーション。

ソニー関係者によると、当時の久多良木は社内で「打倒・任天堂」と宣言したとされる。

それからおよそ20年。

山内の葬儀を機に任天堂とソニーは過去の怨讐を水に流した格好となったが、

「両雄の手打ち」という美談で終わらなかった。

年明けにかけて、ゲームソフト業界の経営者たちや兜町の証券アナリストの間で、

ソニーと任天堂の急接近を巡って様々な臆測が広がっていったのだ。

「犬猿の仲の任天堂とソニーが和解した。次はビジネスで握手するのではないか」

「任天堂の人気キャラクター『スーパーマリオ』がソニーの最新鋭機『プレイステーショ4』

で遊べるようになるかもしれない」。。。さて結果はどうなりますでようか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です