井上に失笑と悲鳴ブサイク1位井上、よしもと【男前・ブサイクランキング】。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

3月17日(月)、東京・ヨシモト∞ホールにて「よしもと男前ブサイクランキング2014大発表会」が行われた。

昨年惜しまれつつ休刊となった情報誌「マンスリーよしもと」(のちの「マンスリーよしもとPLUS」)にて、2000年より続いていた人気企画「よしもと男前ブサイクランキング」。休刊後にこの企画がどうなるのかファンの注目を集めていたが、熱い要望を受け、このたびムック本「よしもと男前ブサイク芸人グランプリ」として復活、3月17日に発売となった。

発表会でMCを務めたのは、4代目男前殿堂入りのライセンス・藤原一裕と4代目ブサイク殿堂入りのマンボウやしろ。注目の企画とあって、会場は報道陣はもちろんのこと、立ち見のお客さんが出るほどの超満員で、「たくさんの方がいらしてくださって」(マンボウやしろ)、「カメラの数が違いますね」(藤原)、「まぁ、先進国で男前ブサイクランキングをやることはないですから」(マンボウやしろ)、「うちだけですね」(藤原)と、2人とも驚きを隠せない様子だ。

「僕としては、『マンスリーよしもと』と共になくなればいいなと思ってたんですけどね。不名誉な名誉だけ残るわけですから」とつぶやくマンボウやしろに、「でも、やっぱり名誉なんじゃないですか」とフォローする藤原は「僕だって、男前1位って言われてますけど、ブサイク界のプリンスっていうだけですから」と自虐的にコメントする。

また、「ブサイクを選ぶのは良くないという声もありますけど、さっき藤原さんが言ってくれたように名誉なこと。歴代の殿堂入りの方々を観ても、活躍されている方ばかりなのでご理解いただければ。僕もブサイクというだけで、たくさんのお仕事をいただきました」と、マンボウやしろから説明が加えられた。

まずは、今回より新設された「男前なパパ芸人」部門の発表。第1位に選ばれたのは、ガレッジセール・ゴリで、「この喜びは、僕のキスを避ける娘に伝えたい」とコメントした。同ランキング5位の相方・川田がお祝いに駆けつけ、ゴリへたすきとトロフィーを授与。さらに、2人にはTOROYよりポロシャツセットがプレゼントされた。

マンボウやしろから「子育てで困っていることは?」と尋ねられ、「下の男の子は基本的に笑い上戸で明るい子なんですけど、将来何になりたいって訊いたら“豚肉”って答えられて……。豚になりたいならまだわかるんですけど、加工されてる“豚肉”って。将来が不安です」と答えるゴリ。一方、川田は「5歳の息子が、未だに鼻くそ食べるんです。機嫌がいい時は“食べる?”と訊かれることもある。不安です!」と返答。とは言いつつ、2人とも子供の話をする時は頬が緩みっぱなしだった。

続いて「男前ランキング」第5位〜第1位、さらに「べっぴんランキング」第1位を発表。第5位に選ばれたのはロザン・菅広文で、これで14年連続トップテン入りとなった。この記録は依然更新中だ。藤原も「この尺(背丈)で、14年連続はすごい! ある種の殿堂入り!」と感嘆した。

第4位のウーマンラッシュアワー・村本大輔の名前が呼ばれると、お客さんからは「え〜〜?」との声。「すべてTHE MANZAIのおかげ。この前、フルーツポンチ・村上としずる・村上とライブをやったんですけど、来てくれたお客さん全員、僕のファンでした。2人は“レッドシアターを思い出すな”って上から目線で言うてましたけど、あいつらは団体でこの人気。僕は一人レッドシアター!」とおなじみのゲスさを披露していた。

第3位に選ばれたのは、昨年の16位から13ランクアップを果たしたベイビーギャング・北見で、「ついに世間が気付き始めた」と一言。あまりに男前すぎて、ルミネでは宮川花子師匠に「あんた、男前やな。(男前ランキングの投票)書くわ」と言われたというエピソードを聞いたマンボウやしろは、「僕なんか、花子師匠に“昨日、あんたの顔思い出したら、ご飯食べられなくなったわ”って言われたことあるのに」と嘆いていた。

第2位に選ばれたのは、パンサー・向井慧。「背の高い北見のあとに出てくるの、嫌でした。何? この遠近法。遠くから出て来たの? と思われていそうですよね」と笑う。今後のランクアップも期待されるだけに「トリオとして、何かしらの1位は確かに取っておきたい」と意気込みつつも、「と思ってたら、相方の尾形さんが“抱かれたくない芸人”で1位になってた。よかった」と報告した。

そして栄えある第1位は、ピース・綾部祐二に。これで3年連続1位、ついに殿堂入りを果たした。

「最近狙ってる金星の熟女は?」(藤原)、「角界関係者も来てます」(マンボウやしろ)というMC2人の言葉を、「やめてください!」とさえぎる綾部。「3場所連続優勝?」(藤原)、「女将さん観に行ってんの?」(マンボウやしろ)といじりをやめない2人は、「あれ、2年半前のことですよ? もう3年経とうとしてるんですから!」と綾部が返すと、会場は大爆笑となった。

今年で殿堂入りとなる綾部へは、トロフィーとたすきを贈呈。小さめな体で大きなトロフィーを抱えた綾部が北見の隣りに並び、「こうやって並ぶと、僕、ジュニア部門のチャンピオンですよね?」と発した瞬間、会場から再び大きな笑いが起きた。

昨年、アジアン・馬場園梓が殿堂入りしたべっぴんでは、新たにスパイク・小川暖奈が堂々の1位に。「私の相方は妬みひがみで基本できてるんですけど、珍しく喜んでくれて“明日ワイドショーチェックするからね”って言ってくれてます。自分がぶちゃいく3位なことも喜んでいると思うんで、2人で売れるようにがんばります」と意気込んだ。

さらに、芸人にとって名誉(?)な「ぶちゃいくランキング」と「ブサイクランキング」それぞれの第1位、第2位が発表された。第1位に選ばれたのはハリセンボン・近藤春菜、第2位は相方の箕輪はるか。2年連続、コンビ揃ってワンツーフィニッシュだ。

「本になるのはいいんですけど、女子の場合、少ないページ数で“ブス”って言われるだけ。昨年も言いましたけど、ブスって言われるためにあんで早起きしなきゃいけないんですか」と不満たらたらの春菜を、「ブスじゃなく、ぶちゃいくやから」とたしなめる藤原。

「ぶちゃいくっていう呼び方も、気ぃ使われてる感じがして嫌なんですよ!」と言えば、はるかも「人の顔でひと騒ぎしようっていう根性が嫌い!」と少々怒り気味。そんな2人を、マンボウやしろが「でも、ぶちゃいくっていうのは、かわいさのあるブサイクだから。僕らの仕事は、観ている人に優越感を与えることだからね」とフォローする。

ぶちゃいく1位とはいえ、ティアラとともに着用している純白のドレスがすごく似合っている春菜。「似合ってるなぁ」と藤原に褒められ、「このヘアスタイル、ダイアナ妃をイメージしてるんですよ。だから近づいたなって」とまんざらでもない表情を浮かべていた。

ブサイク第2位に選ばれたのは、ジャングルポケット・斉藤慎二。この結果に不満があるという斉藤は「今日は松潤(嵐の松本潤さん)スタイルにしてきました! 来年は男前のほうに入れるように頑張りますよ!」と、今日も気合い十分だ。

ブサイク第1位は、NON STYLE・井上裕介。3年連続1位となり、綾部とともに殿堂入りとなった。

井上が出て来た途端、客席からは失笑と悲鳴。めげずに投げキッスし「全部のランキングの中で、僕の投票数が1番。日本中が僕を求めてるんだなって思いました」とコメントするなど、今日もポジティブだ。

ムック本ではセミヌード(?)を披露しているそうだが、「撮影日、東京は記録的な大雪でした」と報告する井上に、「地球が脱がせたくなかったということですね」と淡々と返す藤原。「投票理由を1つだけ。唇の上らへんにあるホクロが嫌い」とマンボウやしろに読み上げられるも、「そう言ってても、その女性もきっとこのホクロをなめたくなるはずです」と自信満々に答える井上だった。

囲み取材では、3年連続第1位への喜びを語った綾部。「北見とか向井の追い上げがある中で獲れたので、うれしいですね」と笑顔で語る。井上は「“ダサいランキング”ではすでに3年連続1位になって殿堂入りしてます。これで2冠。よしもとの偉いさん、宝がここにありますよ!」とアピール。自分自身をブサイクだと感じたことはないそうで「僕は正直モテてる」と豪語するも、「フライデーさんには“がんばれ井上”って書かれたこともある」と、あまりうまくいかない現実を嘆いた。

3年連続1位にも関わらず、ブサイクだと言われることに納得いかないそうで「では、ご自身が思うブサイク1位は?」と訊かれると、「芸人さんやったら、アインシュタインの稲田。心はいいヤツなんですけど、フェイスは1位。それか、天津・向ですね」と言いつつも、「そういう人がいる中で、僕の名前をわざわざ書いてくれているという時点で、みんな愛してくれてるんだろうなと思います」と投票してくれた人たちに感謝していた。

「芸人としてはありがたいです」と吹っ切ったように答えたのは、春菜。村本に「クレアおばさん?」と振られると、「クレアおばさんじゃねーよ! だったら、シチュー配るわ!」ときっちり返し、笑いのお仕事。占い師のゲッターズ飯田から「3月から、さらに運気が上がると言われた」という春菜だが、3月1日に早速、渋谷で50代の恰幅のいいロシア人にナンパされたそうだ。それを聞いた井上も「オレも飯田さんに、“井上さんはモテない星の王子やけど、今年はモテ期が来る。今年、結婚相手を見つけろ”って言われた。だから、お互い何かあるかも」と期待を寄せていた。

ムックでは「男前」「ブサイク」「べっぴん」「ぶちゃいく」の各ランキングほか、「抱かれたくない芸人」「抱かれたい芸人」「内面ブサイク芸人」などさまざまなランキングを掲載。ヨシモト∞ホールや5upよしもとに出演している芸人を対象とした「青田買い」のコーナーもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です