今年からディズニーシー拡大??それは何が話題

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

東京ディズニーシーと東京ディズニーランドでは、6月24日から7月7日の14日間、日本の伝統的な行事である“七夕”をテーマとしたプログラム「ディズニー七夕デイズ」を開催する。

1997年より東京ディズニーランドで行ってきた“七夕”のプログラム。今年は新たに東京ディズニーシーへ拡大し、日本のディズニーテーマパークならではの季節感溢れるプログラムを展開していく。

初開催となる東京ディズニーシーでは、ニューヨークエリアに笹などで飾られた“ウィッシングプレイス”が登場。ゲストは “ウィッシングカード(短冊)”に、夢や願い事を書いて“ウィッシングプレイス”に結び付けることができる。

メディテレーニアンハーバーでは、“七夕”をイメージしたコスチュームを身にまとった、ミッキーマウスやミニーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが船に乗ってゲストに挨拶する「七夕グリーティング」を実施。特別プログラムとして、ショー鑑賞チケット付きプログラム「七夕ウィッシング2014」も開催する。

一方、東京ディズニーランドでは、ワールドバザールの中央に“ウィッシングプレイス”が登場するほか、パレードルートでは、人力車に乗ったミッキーマウスやミニーマウスを始めとするディズニーの仲間たちがゲストにご挨拶する「七夕グリーティング」を実施する。

また、東京ディズニーシーでは、“七夕”をイメージしたデザインのダッフィーとシェリーメイのコスチュームセットが初登場するほか、2つのパークで約30種類のスペシャルグッズを販売。そして日本食レストランではこの時期ならではの食材を使ったスペシャルメニューを用意するなど、グッズやメニューを通じて“七夕”が堪能できる14日間だ。

そのほか、ディズニーリゾートラインでも“七夕”のプログラムを初開催。4つの各駅に“ウィッシングプレイス”を設置し、オリジナルの“ウィッシングカード(短冊)”を配布する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です