快挙なるか!!錦織決勝進出その裏での大変な出来事が話題

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

全米オープンテニス男子シングルスで錦織圭(24=日清食品)が日本選手として史上初めて4大大会の決勝に進出。これを受け、スポーツキャスターの松岡修造氏(46)のオフィシャルホームページが“パンク状態”に陥っている。


 錦織が準決勝で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)を下し、決勝進出を決めたのが午前4時5分。歴史的快挙はインターネットやテレビのニュースで広まったが、錦織の才能を見出した松岡氏のホームページにもユーザーが殺到し、午前9時の時点でもアクセスしにくい状態が続いている。

松岡氏は錦織が日本選手として96年ぶりの4強入りを成し遂げた準々決勝後にも興奮した様子で「今日は圭・チャンだった」などと錦織を絶賛するコメントを、ジョコビッチとの準決勝を前にも「一緒に全米オープン準決勝を戦おう」など熱い言葉をホームページに掲載していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です